敬老祝賀会で代表挨拶

地元の日刊紙「文化新聞」から。岩沢地区の第22回敬老祝賀会(岩沢地区五自治会と三長寿会主催、代表飯能自治連加治東支部長水野昭)が開かれました。
 70歳以上の敬老会対象者は640名でそのうち140名が参加した、飯能市で4番目の規模を持つ祝賀会です。飯能市長、県議、市議3名、地区の名士などの来賓者及び賀寿者も招待し、式典後の懇親会で長寿会による演芸、他団体の友情出演の神田囃子や手品などを楽しみました。
 参加者は楽しいひとときをすごした。写真左は、賀寿参加者と来賓及び自治会長の記念撮影。ここまで文化新聞。写真右は代表挨拶する当ホームページ運営者の水野

 

飯能テレビに出現

黄色いのが支部長の私

ツーデーマーチの30Kmウオーカーのために入間川沿に接待所を設けました。私は、地元の飯能テレビに取材を受け報道されました。昨年のツーデーマーチや国体の民泊運営でも登場しまた。
 10名近くの方から「テレビ見たよ!」の声を頂きましたが、自分ではまだ見ていないけど、自分の映像は恥ずかしいやらうれしいやら・・・画像は取材を受けたとき、仲間に撮られた写真。



デジタル一眼レフカメラの修行中

デジカメは毎日携帯し、5代目を更新しているが、息子の結婚式に記録をと、一眼レフのデジカメを買った。初めての一眼レフのため、参考書も何冊も買い、良いと思った関連部品も揃えてみた。趣味は何でも同じだが、最初は金が跳ぶように出て行くので、毎日が日曜日の身分には女房に気が引ける。
 一眼レフの撮影モードは、M・A・Sを勉強中だが、難しく、どこかのクラブに入らないと切磋琢磨にならないかな?

「D70」の画像検索結果


ボランティア活動も健在でした

飯能市恒例の市民清掃デーに参加しました。私たちの地域では、対象者の83%、200名弱の参加で、泉から湧き出る小川一帯の草刈りを、長靴とわら帽子姿で1時間、気持ちよい汗を流しました。
 それにしても83%の参加率は高く、地域をきれいにしようというボランティア活動も健在で、うれしくなりました。



飯能市ツーデーマーチで接待所運営

5月21~22日に飯能市ツーデーマーチがあり、30kmコースの阿須運動公園接待所を開設しました。
 地域の自治会、体協、食生活改善推進協議会など60名近くのボランティア及び代表者としての水野が、無料で豚汁、飴、氷水、麦茶、梅干しなど450食用意して、ウオーカーの疲れを癒しました。
全体では12884名の参加で、1日目の30kmコースは695名の参加でした。



さいたま国体の選手接待活動

飯能市はホッケー競技の会場です。10チームの選手団は、地域のボランティア団体が民宿、食事の手配と応援及び歓送迎会を行いました。
 私は加治東地区協力会の会長として、80名近いボランティアと一週間、優勝候補の愛知県選手団のお世話をしました。左は挨拶する水野、監督から選手の寄せ書きを貰う



敬老祝賀会

毎年恒例の第21回敬老祝賀会が行われました。近隣の5自治会と3長寿会が主催で、対象者520名の中から希望者140名参加の比較的大きな敬老祝賀会です。
 市から450円/1人の補助金と会費及び祝い金で運営され全て手づくりです。地域の趣味クラブの演芸や長寿会の出し物、賀寿者へは記念品贈呈もあります。右は代表である私の挨拶。



観光での沖縄ははじめて

仕事で沖縄周辺は3回ほど行ったが、観光では初めてで、空港でレンタカーを借り名所旧跡はほとんど回った。沖縄で食べるゴーヤチャンプルとサーターアンダキはおいしかった。1月なのに桜が咲いているのはさすが沖縄!



二回目のベトナム

若い頃はベトナム戦反対の活動をしたこともあり、戦争関係を中心に回った。北ベトナムがサイゴンの本拠地を攻略した場所や戦争記念のある展示場を十分堪能したり、メコンデルタを船で散策をした。
&emsp:\; びっくりしたことにガイドがついていたのだが、8月に2回目で行ったときには、そのガイドにばったりホテルの前で出会い、ガイドもびっくりしていた。

2回目も仕事先の好意で、戦争中サイゴンに掘った地下トンネルにも連れて行ってもらった。でも、ベトナムでは2回とも下痢になった。アジアは20回近く行っているが、食あたりは初めてであった。