8ヶ月ぶりに将棋大会

コロナ前は月に3回位は将棋大会に行っていた。8ヶ月も空白があるが、久しぶりにこわごわ青梅市将棋大会に参加した。きっかけは近い青梅市で、新しく広い会場、40名くらいの中堅の参加者なので、勇気を出す気になった。
コロナ対策としては、検温や消毒液の配置も多く、備蓄マスクの自由使用、広い会場で空間を確保するなど安心して指すことが出来た。責任者の挨拶は、一番に感染防止、二番に将棋を楽しむの発言に、私も8ヶ月ぶりなので、勝ち負けより注意と指ならしの気持ちで遊ぶことが出来た。旧知の仲間ともたくさん会うことが出来、久しぶりを連発した。参加者はABCクラス合計で43名だった。私はBクラスで3勝2敗とまずまずであった。



東吾野将棋クラブは元気

 飯能市内では将棋クラブが五ヶ所と支部がある。そのうち三か所は新型コロナウイルスの影響に反応せずクラブ活動を続けている。
 そのうちのひとつ東吾野将棋クラブに行ってみた。入り口に消毒用アルコールが二種類あった。六人だったが、マスクをしているのは私含めて二人だった。田舎だから鈍感なのかと思った。でも、久しぶりに将棋を楽しむことができた。



新型コロナウイルスの影響

飯能市は五ヶ所の将棋クラブと日本将棋連盟奥武蔵支部があるが、その内、毎日開放していた福祉センターと双柳公民館の毎週土曜日のクラブと奥武蔵支部が中止を決めた。
美杉台公民館は、それではさびしいと、毎週土曜日の予定日に加え3月は10日ほど追加予定を英断された。
本郷将棋クラブは次回の隔週偶数木曜日は予定通りで、その後可否を検討とのことであった。
東吾野将棋クラブは、毎週火曜日の予定を変えるつもりは無いと言っていた。



飯能市本郷将棋クラブ

  飯能市の将棋クラブは五か所ある 。そのひとつで本郷将棋クラブは、隔週の木曜日に将棋クラブが開かれる。無料にも関わらず、お茶や菓子とか飴が提供される。
 新型コロナウイルスの影響で、各地の将棋大会も軒並み中止になっている。少人数のクラブが楽しみではあるが、最近、参加者が減ってきているように思える。
 その中で、俺はウイルスに負けないぞと思う人が将棋で楽しんでいる。 一部ではあるが、真剣に考える姿を撮ってみた。



日本将棋連盟 西入間支部 将棋大会

開始前の挨拶やルール説明

 日本将棋連盟 西入間支部 将棋大会は、Aクラス20名、Bクラス20名、Cクラス14名が集まった。
 それぞれが四局の対戦であるが、個人的には5回が良いので、中途反端な気持ちになる。
 私はCクラスの参加で〇〇●●の成績で、前々日の所沢将棋大会で同じ結果だった。共通して三戦目が点数が高いので、負けられないところだが、プレッシャーに弱いのか負けて、四戦目も引きづる結果であった。



所沢市とうきち杯 将棋大会

Aクラス会場風景

 所沢市とうきち杯将棋大会は、Aクラス40名、Bクラス46名、Cクラス36名、Dクラス26名と大型の将棋大会である。二部屋を確保するが、非常に窮屈なほどである。
 AクラスとDクラスは5回戦、BとCクラスは4回戦で対局する。特徴は午後からなので会費は1000円、例年子どもが多いところである。
 私はBクラスでは負け越しが多いので、今回はCクラスで指した。○〇●●の成績で、三回戦は子供に負けて引きづってしまった。

Bクラス以下の会場風景


あきる野市王将戦将棋大会

子どもが多かった

 初めてあきる野市王将戦将棋大会に参加した。午後からで昼食はないが参加費400円は格安であった。
Aクラス1名、Bクラス17名、子ども5名で、各クラス四局を戦う。
 時間が来ると対局時計を使うが、それが初めて見た中国製で、音が出ないから、秒読みを目で見なくてはならない。これには参った。
 私は初めての参加でもあり、Bクラスで指したが、四連勝で優勝することができ、小さめの表彰状と副賞の商品券をいただいた。

子どもを除く成績表
表彰状と副賞に商品券


鶴ヶ島市 将棋大会

 鶴ヶ島市将棋大会は、飯能市の知人に誘われて初めて参加した。
ローカルな大会にしては珍しく、Aクラス10名、B1クラス8名、B2クラス8名、Cクラス8名の四クラスに分かれていた。
 組み合わせも個性的で、乱数表を使って組み合わせるのだろうか?最初から最後までの対局相手が、表示されていた。
 対局は5局で、同率勝率者が場合、普通は点数制でばらけるが、ここは点数制ではないので、同率者のじゃんけんで順位が決まる。普通は全員が終わるまで次の対局は組まれないが、ここは次の相手とすぐできるし、順番を抜かしての対局もできるなど面白いシステムであった 。
 私は初めてでありB2クラスで指したが、3勝2敗の成績であった。3勝のうち、2回は相手の反則で勝つなど、煮え切らない気持ちが残った。



小川町 将棋大会

 埼玉県小川町将棋大会は、知人に誘われて初めて参加したが、Aクラス14名、Bクラス13名、Cクラス6名で 会費は1500円、昼食、飲物、各種菓子がフリーでおだやかなローカルムードだった。
 対局は各クラス25分切れ負け時計で、五局を点数制で争う。毎回、各取り組みごとに、勝ち勝ち・負け負け同士のトランプ抽選で対局者が決まる。
 私は初めての参加なので、レベルがわからずCクラスで参加し、4勝1敗で優勝をした。次回はBクラスでと決めた。
  

対局の模様
各クラスの成績表
賞状、副賞、参加賞、詰め将棋正解賞など一杯もらえた


小川町 ミニ将棋大会

 21日午後から小川町 パトリアおがわでミニ将棋大会が行われ、私は初めて参加した。今年最後の将棋大会であった。
 ミニと言うだけあって23名のこじんまりしたものだが、会費は300円で、飲料・菓子はフリーでたくさんあり、つまみながらの和気あいあいの対局である。
 午後からだが、五局を駒落ち戦で、25分切れ負け時計で行う。勝ち勝ち・負け負けで対局するが、すべての対局が抽選で行われたルールは珍しかった。私は3勝2敗の成績だった。