また駒箱を作成

飯能市の大河原木材から木曽ひのきの柾目板を購入し、7mmに引き割にしていただいた。それを使ってまたまた駒箱を作成しました。
前作と同じく外箱は四面雲形模様を入れて、外箱と内箱は共に四か所の閂止めを入れたので丈夫です。



駒箱を作成

将棋駒箱を二つ作成した。将棋駒を作成したこともあり、駒箱を作ろうと思った矢先に、期せずして駒箱の注文が入った。
外箱は欅の玉杢(樹木の瘤(こぶ)のようなところをスライスすると現れる稀な模様)を使い、雲形の切り込みを四か所入れた。内箱は柿素材です。両方とも閂止めを四か所入れ丈夫さとデザインアップを狙った。



将棋駒を創る 連載6 最終

将棋駒を創る 連載6 最終
水研ぎ用400番と1000番を使って真っ黒になった余分な塗りをとった。
この段階でレベルがわかるのだが、ある駒をうっかりして研ぎ過ぎて字が細くなってしまった。一つの駒は失敗作であり、後日塗りをとって彫り直しとする。
このまま継続して、プラスチックみがきで研磨して、椿油で仕上げた。通算して三週間かかったが楽しいひと時でした。
読んでくださった方には、ありがとうございました。



将棋駒を創る 連載5

将棋駒を創る 連載5
塗りと乾燥を繰り返すこと五回で、ついに塗りが終了した。駒は真っ黒である。
これを研ぎだして駒木地と水平まで入れた塗り部分を明確に分ける工程が待っている。これで完成レベルが表現されるのでドキドキの一瞬である。



将棋駒を創る 連載4

棋駒を創る 連載4
いよいよ塗装である。まず、下塗りとして砥の粉と同じ役目をするサンディングシーラを塗る。
私の場合は年金生活なので本うるしを使わず、合成うるし(工芸うるし)で代用する。塗り方は彫駒、彫埋、盛上の三種類(添付画像で説明)あり、今回は彫埋とした。
彫埋の最初の工程は、合成うるし(工芸うるし)と砥の粉を混ぜ、粘度を高めた錆びうるしで彫ったところを埋めていく。そのあと、合成うるしのみで、木地の表面と水平になるまで、おおよそ五~六回ほど、塗りと24時間の乾燥を繰り返す。
写真は2回目の塗りが終わった状態。



将棋駒を創る 連載3

将棋駒を彫る 連載3
将棋駒を彫り上げた。一日に数時間で12日間ほどかかったが、楽しい時間であった。彫るときに左手の親指を多用するので、爪の真ん中がえぐれている。王将の駒尻(駒を立てたときの底辺)には、書体の魚龍書と水之作(私の銘)が入っている。
彫が見やすいように塗装の下塗りをしたのと、画像加工してあるので、ちょっと赤くなっている。



将棋駒を創る 連載2

将棋駒を彫る 連載2
 前回は将棋駒を彫る前に字母紙を貼るだが、今回は将棋駒を彫っている最中の姿を紹介する。
 彫刻刀、駒を固定する治具、頭につける三倍の拡大レンズ、手元を明るく照らすLED電球などが駒を彫るときの道具である。
 彫る技術はレベルによるが、基本は彫刻刀の切れ味にかかっているので、一組彫るのに数回の研ぎを入れる。細かいので拡大鏡とライトは必須である。左手に持つ治具で駒を固定し、左手の親指で右手の彫刻刀を押して彫っていく。字の曲面は彫りながら治具を回すのである。



将棋駒を創る。連載1

今日から将棋駒を彫る。完成までにほぼ一か月かかるので、自粛中の作業としては最高である。
最初の工程は将棋の駒木地(将棋駒の木地)に字母紙(書体を印刷した紙)を貼る作業である。
3時間かけて、ていねいに貼る。過去の経験で、この工程をおろそかにしたために、ある駒を彫っている最中に字母紙が剥がれて途中から彫れなくなったことがあった。
駒木地全体はセットで購入しているので、一つ失敗すると全体に影響する。完全に乾かすために48時間ほどかけている。
 書体は魚龍書で上品だと思う。私としては初めての書体なので、彫るのが楽しみでワクワクする。



駒箱と対局時計台の販売

将棋愛好家から駒箱と対局時計台を欲しいと要望されていた。
自分が作って在庫になっていた桑製とけやき製の駒箱、および一本脚と二本脚の対局時計台から選んでもらった。
両方とも高い価格の桑駒箱と二本脚対局時計台がお望みだった。
断捨離中だった将棋関係の在庫本10冊ほどをプレゼントし、よろこばれた。



「盤上の向日葵」を読んだ

本屋大賞第二位でノミネートされ、テレビドラマにもなったた600ページを超す長編の「盤上の向日葵」を読んだ。将棋対局、名駒、殺人事件が展開される。主な登場人物は、プロ棋士、アマチャー棋士、真剣師と刑事二人および酒飲みのバクチ打ちである。非常に読みごたえのある小説であった。