飯能市メガソーラ建設予定地を見つけた

 飯能市阿須山中のメガソーラ建設は反対論が多いので、建設予定地を探しています。一回目は外周を巡り歩き、二回目にやっと、メガソーラ中心部の稜線を歩きました。
 行った方も少ないと思いますので、中心地に行く地図を作りました。googleの地図を基礎に、ルートを手作りしたので、距離や位置は不正確ですが、たどり着けると思います。阿須自治会館から徒歩で中心地稜線の飯能高圧線10号鉄塔まで一時間弱で行けます。
 まず、阿須自治会館から西方向に車幅3mくらいの砂利道で唐沢川左岸を進みます。15分ほどで開店したばかりのドッグランが右側にあります。
 ドッグランを右に見て道路を左折すると苔の石橋があります。これを渡って直進すると獣道のような感じで、怖いから引き返しました。
 石橋を渡って唐沢川右岸を右(西)に20mくらい進むと、左折する幅1.5mの山道があります。入り口に立正佼成会の看板と、東京電力飯能線11号に至るの杭があります。これを行くと20分弱の急登で稜線に着きます。そこを右折(西)してなだらかな道を10分くらいで鉄塔10号があります。山道両側は立入禁止のロープが張り巡らされてます。山道はずっと1.5mの幅が維持され歩きやすいです。そこからは先に体力に応じて進むのも良し、引き返すのも良しでしょう。
 ドッグランから更に西方向に進むと10分ほどで、左側に唐沢川を渡るための橋が建設中です。メガソーラを作るため、山林を伐採するための大型重機を入れるためでしょう。

右側がドッグラン、ここを左折して苔の石橋を渡り右折
石橋右折、20mで左折の山道、看板と杭が目印
急登を過ぎると稜線に出る。右折すると両側にロープをはってある。
ほぼ真ん中であろうメガソーラ予定地の10号鉄塔


阿須山中にメガソーラ予定地を探しに

数ヶ月前から阿須山中のメガソーラ予定地を見に行きたかった。
今日、余裕ができたので、山靴とトレッキングポール姿で、4km8000歩をゆっくり2時間かけて歩いてきた。
阿須自治会館→唐沢川左岸をさかのぼり→唐沢川堰堤→ここから途中急登もある→都県境(三郡坂)経由→長い下りを経由→阿須自治会館のコースで歩いた。
途中、三郡坂付近でロープで囲まれた部分(写真)があったが、メガソーラ予定地の案内もなく、認識が出来なかった。
もしかしたら、三郡坂を青梅の今井方向に行かなくてはとも思い、三郡坂の分岐点で思案した。



我が地元でもコロナ感染が過去最高

飯能市で11月16日は、コロナ感染者が5名で、一日あたりの感染者数としては過去最大となった。飯能市の合計は41名となった❗❗
油断禁物とFaceBookにも投稿したが、油断しているの返事が二通もあった。
自助と言いたくないが、注意は自分でしないと誰も守ってはくれない。いままで使い捨てマスクを洗って使っていたが、不織布マスクが良いのかなと、気分で思っている。
参考に埼玉県の感染者進捗グラフも



地元のコロナ陽性者数

地元の飯能市ではコロナ陽性者が4月5人、5月10人、8月8人、9月10人の合計33人でした。
埼玉県全体では以下の画像の通りで、ちょっと下火にはなりましたが、10月が気になります。



道祖神と祠

シリーズみたいに成った、散歩道の道祖神と祠

正願寺境内の道祖神
正願寺境内の祠
笠縫の竹藪南の祠
白鬚神社境内の祠



近所の神社境内の石仏

拙宅の道路を隔てた隣に岩沢白鬚神社があり、境内に二つの石仏があります。
この石仏は岩沢六道交差点付近に鎮座してましたが、都合でここに移設されました。
左が庚申塔、右が読誦塔(1824年に岩沢村の西久保要右衛門正光が造力の願主)
その前には一年前に立てられた祠(ほこら)もあります。



飯能市岩沢の猿田彦神社

飯能市岩沢の猿田彦神社は、みちひらきの神として知られる。
神社と一体の小さな神楽殿も、信奉者が面倒を見ているので清潔感があふれていた。

 

教育でも将来が心配の日本

飯能市発表の「飯能市内小・中学校児童生徒数学級数」によれば、小学校平均で24人、中学校平均で26人とある。 OECDの発表では平均で小学校21人、中学校で23人とあり、ほぼ同数です。 ところが、日本全体で見ると中学校では最多で最下位です。



おめでとう!藤井新棋聖

藤井新棋聖の快挙は、しんぶん赤旗でも一面表示でした。
王位戦第二局でも大逆転で二連勝するなど、本当にすごいことで興奮してます。