トーヤベンソン ムーミン谷

朝の定例散歩は雨で行かなかったので、午後から歩いて、久しぶりのトーヤベンソンのムーミン谷に行った。
中途半端な紅葉狩りより、よっぽど楽しい雰囲気をもらえる。



晩秋の飯能市を散策

東京の知人が遊びに来たので、妻と共に飯能市の晩秋紅葉を見に行った。
鳥居観音➡子の権現➡竹寺で食事➡東郷公園で、部分的には良いが、全体的には紅葉にはちょっと遅かった。でも、東京の知人は山と景色に感動していた。
歩いた距離は15,000歩だったが、東郷公園頂上の御嶽神社のコースは若い人でもきついと行っていた。

鳥居観音のすすきと紅葉および青い空
鳥居観音像と青い空
竹寺の食事処の内部は竹が天井を突き破って生えている
竹寺の竹膳そばは風情もあり、そばも美味しかった。盆のぞく器はすべて竹製で、1200円
東郷公園の紅葉
 

伊香保 河鹿橋の紅葉

群馬県のとあるりんご園に行くので、ついでに伊香保温泉近くの河鹿橋の紅葉狩りに行ってみた。数年前の11月23日には眩しいばかりの紅葉記憶があるので行ったのだが、4日はちょっと速かったのかすばらしいとは思えなかった。



秩父ミューズパークの銀杏黃葉

秩父ミューズパークの銀杏並木が黄葉で見頃を知り、女房と行ってきた。
片道3kmの両サイドに、500本の銀杏が植栽されている。遊歩道は幅が20mくらいあり、車も入れない。トイレも各所ありいずれもきれいで清潔だった。
ここは、もう三回目であるが、今回も黃葉に心が高揚した。



稲架(はさ)

東京へ一時間の通勤圏である飯能市で稲架を観た。近い将来は、コンバインと老年化で消えてなくなると思うめづらしい風景であろう。
稲架(はさ)は東北や上信越の熟字訓だと思うが、知らないといなかと読んでしまう。地口風に言うと田舎と同音になる。飯能市は田舎なんだと写真を撮った散歩中に思った。

 

チカラシバをすすきと間違えた

遠くから見るとすすきの群生と感じ、秋が来たと思った。近づいてみると、チョット違うので、googlephotを見ると、チカラシバとあった。



曼珠沙華が満開

飯能市阿須地区の入間川右岸に曼珠沙華が満開です。
昨年と同じ日に、訪問したのですが、季節は正直なもので、早朝にもかかわらずカメラマンが沢山いました。動画も撮ったのですが、今回は写真三枚だけで26秒の動画風に加工してみました。