健康管理はウオーキング

iphoneアクション表示

 四回目の健康管理投稿であります。三回までは健康管理データを点検して健康状態を把握することは重要と自分では思っている。
 しかし、データーを見ていれば健康が維持できるとは思っていない。アクションをどう起こすかが肝要だと思っている。
 ウオーキングの重要性を認識していたので、現職時代に通勤往復時、一駅手前で降りて歩いていた。定年退職後は、起床後に一時間を目途に歩いて、ラジオ体操で閉めてもう17年がたった。その他に、半径10kmくらいの移動は自転車を使っている。雨が降れば休養だが、やめば歩くのも習慣になった。今や、歩かないと落ち着かない気持ちになり、いつまでも続けたいと思っている。



健康管理は尿・血液検査から

 健康管理の第三弾です。昨日、二ヶ月に一回の尿・血液検査に行ってきた。この検査では54項目の検査データーが文書でもらえる。肝臓、腎臓、血糖値、動脈硬化、体内水分、貧血分析、血液状態などが分かる。年に一回は腫瘍マーカーの検査も行い、4種類のがん分析データーもいただける。
 これらのデーターは検査項目は横文字、検査データーは数字の羅列なので何の検査か分からない。検査項目は医学事典で調べてフィルドに日本語を加え、すべてをエクセルで入力をしている。もう10年以上の入力をしているが、表示は過去一年分をスマートフォンやタブレットで見られるように PDFに変換している。
 入力は標準数値より上限を赤字で、下限は靑字で自動的に表示するようにしている。 これはいつも見ているわけではないが、 入力をすることによって、 その変化がすぐ分かるので、赤字や靑字の時は、調べて改善出来るようにしている。健康データーを持っていることで、安心感と健康自己満足をしている。



健康管理は体組成計で分析

体組成計

 健康管理として、前回はAppleWatchについて触れたが、今回は私にとって体組成計の重要性について触れてみる。体組成計は3年前に購入したのだが、一週間毎の計測が続いている。
 この体重計に乗るだけで、iphoneに体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、内臓脂肪レベル、推定骨量、体水分率、基礎代謝量、体内年齢などの計測データーが送られてくる。これらがグラフや数値によって表示されるので、一目瞭然で変化や実態が理解できる。これらに一喜一憂するのが情けない。
 私が一番気にしているのは、体内年齢で、半年ほど前までは61歳を現していた。ここのところは66歳と一挙に5歳も上がってしまった。
 女房も実年齢より15歳も若く表示されるので、この機械は自動的にサービスを提供していると思っていた。どうも、体内年齢の表示は、筋肉量と基礎代謝量が両方とも下がっているので、計算の根拠になっていると推測している。 



健康管理はAppleWatchで

 数日前に消費エネルギー目標達成1000回達成のバッジが届いた。これを機会に私の健康管理の紹介をする。
これは、私はAppleWatchが新発売された4年前から使用している。一日の消費エネルギーを300キロカロリー(歩数にして約7000歩)と設定して、それが達成されたのが1000回というものだ。

 AppleWatchは一時間以上座っていると、立ち上がって歩きなさいのスタンド指示が届き、一日何回立ち上がったの進捗が表示される。食事中でも指示が来るので、立ち上がって一分間ほど体を移動させている姿に女房は”馬鹿じゃない”と言うような顔をする。
 また、エキササイズと言う名前で、一日30分以上の強い運動(速い歩き)目標が有り、その進捗がAppleWatchに表示される。

 各種の運動目標の進捗状況が表示されるだけでなく、達成するとバッジが送られてくる。いろいろな達成バッジが、iphoneに表示される。写真はそのバッジである。他愛ないことであるが、激励になるしうれしいのである。
このAppleWatchが運動の背中を押してくれるので、毎日毎日、決められた目標に向かって運動をしている。AooleWatchに感謝をしている。



花粉症に悩まされる時候

今年も数日前からやってきた花粉症災害。もう、何年になるか、毎年苦しませてくれる時節になり5月初旬まで続く。薬は少し前から飲んでいるが、外出は完全防備で出かける。
 今年はまた眼鏡を買ったが、防曇・密閉型ジョッキーゴーグルにしてみた。効果は前の眼鏡オーバー眼鏡よりもありそうだ。でも、出会った人はぎょっとするみたいだ。

       外出時の顔


認知症検査にガックリ 

 免許証の更新のために、法令の認知症検査を受けた。750円の収入証紙を用意するのが費用である。
 検査の内容は、本日の年月日と曜日及び時間を記入する。二番目はランダムに並んだ数字一覧があり、指定された数字に斜線を入れていくが、80%位しかできなかった。三番目がメインの検査で、16種類の物体を見せ説明し記憶させ、二番目の問題を回答させたあとで、記入させることである。私はこれには自身がなく半分しか書けなかった。最終は白紙に丸い時計を書かせ、指定の時刻の針を記入させるのだが、これは簡単であった。
 成績が30分後に発表された。76点以上だと教習所でやる技能講習は2時間で費用も5000円、それ以下だと講習は3時間で、費用は8000円とられる。私の成績はギリギリの76点だった。将棋クラブで経験者に聞いたら、ほとんどの人が90点以上だったとのことでショックだった。3年後の次回は認知症の仲間入りになりそうでがっくりである。



後期高齢者になった

よくぞここまで生息をしてきたと思う。年齢の節目には感慨があるが、75歳というと先が見えてくるのでそれは深くなる。
 今は持病はあるが息災で屈託もなく、自由気ままに過ごしている。この節目を記念して、数ヶ月前からHTMLやCSSに挑戦をしており、ホームページを全面的に書き直した。
 75歳になったからと言っても、今までと大きな変化がない。健康保険証が変わったぐらいで、負担金は特例で1割だったので、それも同じである。
 厚労省の平均余命表によると、75歳で11.58歳とある。少なくとも平均余命までは、健康寿命の維持のために努力をしなければならない。



パネルヒーターが極楽

 20年前から使っていたデロンギのオイルヒーターが数日前にコントロールが効かなくなった。 寝るときはほんわりとした暖房で、ストーブやエヤコンでは味わえない、深いコクがある。
 やむ終えないので、同じ機能でオイルヒーターよりも格安な遠赤外線パネルヒーターを購入して、数日前から使用している。 
就寝の2時間前にスイッチを入れ、起床まで15度くらいをキープさせている。感覚はオイルヒーターと同じで、触っても熱くないし、火事の心配もなく、温風も出てこない輻射熱の暖かさである。
1日の三分の一を費やす睡眠と寒い起床時を安楽に過ごしている。




体組成計

 女房と私の健康管理のために、体組成計のインナースキャンを購入し、さっそく使い始めた。
初期設定も簡単で、iphoneを持って体組成計に乗るだけで、iphoneへ体組成データーが転送された。
9種類の計測結果を、毎日計測をすれば、グラフ化してくれる。
 私のデーターは画像の通りであるが、愕然とした。私は、毎日1時間以上のウオーキングとラジオ体操をして、用事では30分以内であれば自転車で走り回っている
 持病以外別に悪いところもないので、最近、腹が出てきたと思っていたが、一般の人より健康体と思っていた。
ところが、体内年齢は若いのだが、体脂肪と内臓脂肪がちょっと過剰になっていた。腹が出てきたのは内臓脂肪の反映でした。