カメラ – 水野の趣味


画像加工

暇を持て余して画像の加工で時間つぶし。

  

写真のお遊び

FaceBookの友達が写真加工で遊びを投稿していたので、真似をして作ってみた。



Facebook飯能会のカバー写真

Facebookはいくつかのグループに参加している。
そのうちの一つに地元の話題を投稿する「Facebook飯能会」があり、管理人から投稿した私の写真をカバー写真として使いたいの要請があり、快く了解した。
この写真はスマホで撮ったもので、自分では良いと思っている。しかし、たいした写真とは思えないので、どうしてかが疑問として残る。



道祖神と祠

シリーズみたいに成った、散歩道の道祖神と祠

正願寺境内の道祖神
正願寺境内の祠
笠縫の竹藪南の祠
白鬚神社境内の祠



路傍の祠とお地蔵さま

早朝散歩中、飯能市内の加治と加治東地区の路傍にたたずむ祠とお地蔵さま。 なぜか写真を撮ってしまうのは、郷愁を誘うのでしょうか⁉️



なぜかカメラに手が行ってしまう

私は思想的には違いますが、若い頃から神社仏閣の建物や環境が好みです。
だから、散歩中に見つけるこういったミニ稲荷にも、カメラを向けたくなります。
ちょっと加工をしてあります。



背景を透明化した植物

このところ、画像の背景を透明化した花に凝っている。
それをスマホやタブレットの背景にして楽しんで、癒されている。



珍しく二宮尊徳像を見た

画像は加工してます。

 若い人は知らない人も多いと思いますが、飯能市内を散歩中に珍しく二宮尊徳像を見ました。
 1950~60年代では、多くの小学校に、労働しながら学習する姿勢が尊ばれ二宮尊徳像が鎮座されていました。
 70年代に入ると、「本を読みながら道路を歩くと交通安全上問題がある」ということで、撤去されるようになり、現在ではほとんど見られなくなりました。また、修身や教育勅語でも使われたこともあり、教育界や国民から敬遠されているらしいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。