背景を透明化した植物

このところ、画像の背景を透明化した花に凝っている。
それをスマホやタブレットの背景にして楽しんで、癒されている。



珍しく二宮尊徳像を見た

画像は加工してます。

 若い人は知らない人も多いと思いますが、飯能市内を散歩中に珍しく二宮尊徳像を見ました。
 1950~60年代では、多くの小学校に、労働しながら学習する姿勢が尊ばれ二宮尊徳像が鎮座されていました。
 70年代に入ると、「本を読みながら道路を歩くと交通安全上問題がある」ということで、撤去されるようになり、現在ではほとんど見られなくなりました。また、修身や教育勅語でも使われたこともあり、教育界や国民から敬遠されているらしいです。

 

半年間の歩数記録

私は定年退職以後15年以上飯能市内で、雨を除いて早朝散歩をしています。目標は入間川の二つ以上の橋を渡ること、歩数は7000歩以上、行ったことのない道に挑戦、なにか社会的な変化があれば写真を撮るなどです。コロナ以降、散歩は許可されてますが、抵抗もあり自分の歩行数が減ったかなと思い、過去半年の一日歩数を月毎平均でグラフを作ってみた。ベクトルはチョット減ったようだ。



旬たけのこの姿

前の農家から旬のたけのこを頂いた。こりこりしていて食感も良いし、大腸にも良さそうなので、気分よく食べている。
その農家の竹やぶ脇を通ったら、たけのこがいっぱい出ていた。久しぶりに見るたけのこの姿だった。

 

我が街のさくら

西武池袋線で1番乗降客が少なく、一時は駅員がいなかった元加治駅その駅裏にさくらと菜の花がコラボレーションその前には円照寺とさくら我が街はこんなところです。

 

満開の桜

我が田舎町飯能市八高線、駿河台大学、白髮神社、入間川右岸阿須地区満開を迎えたそれぞれのさくら



飯能市のさくらの開花状況

入間川右岸の阿須地区では、まだ六分咲きくらいで華やかさが欠如している。おそらく27日には満開になると思う。 阿岩橋上からの駿河台大学を望むさくらは満開であった。