早朝散歩でのキジの歩行動画

 数日前にもキジのアップ写真を投稿した。早朝散歩で同じところを歩いていたら同じキジだと思うが、人間を恐れないキジを発見した。今回は動画で写してみた。最後はやぶに姿を隠した。
 そこで思い出した。昔、山が好きでアルプスを巡っていた。山では自然のトイレに行くことを「キジうち」と言う。おそらくやぶに座っていることを言うのだろう。



車のナビをスマホ中心にした

 車のナビを前車から15年ほど使っている。地図DVDは数万円出して2回ほど更新した。数日前に静岡県までドライブを楽しんだが、車のナビDVDが古くて、新しい道路が案内されず古い道を走らされ、時間をずいぶん損をした。帰りはスマホのナビで走行した。
 そこで、スマホのナビを使いやすくするために、車載用携帯フォルダーを取り付けた(写真右上部)。車載用携帯フォルダーは、自由な位置に取り付けられるし、視界も遮らない。スマホはそこに置くだけで、自動的にギューッと締め付けてくれ、外す時もボタンを押すと自動的に締め付けが外れるようになる。これだと急ブレーキや悪路でも落ちにくいのを実感できた。スマホナビは電気の消耗が大きいが、ワイヤーレスで給電してくれるので、電源の抜き差し作業はいらない。ここでも技術の進歩に素晴らしさを実感した。



飯能市阿須小久保線の跨線橋工事の5

 飯能市阿須小久保線の跨線橋工事進捗で5番目の投稿である。連休明けいよいよ本格的に跨線橋の土台工事 が始まった。穴を掘って土台を作るのだが、その前に穴が崩れないように鉄板の杭を打ち込む作業である。
 鉄板はコの字型でサイズは目測で長さ10m、幅は40cm、厚さは10mmを縦に打ち込む。 自宅の隣なので、打ち込む鉄板の工事で振動もあり、ドスンドスンの騒音も出ると観念していた。
 一日で24枚の鉄板のうち、6枚が打ち込まれた。ところが、振動はおろか騒音はクレーンのエンジン音以外一切しないのである。50トンクレーンで鉄板を持ち上げ(写真)、写真の奥に写る機械は、記号から調べたら「油圧式杭圧入・引抜機」とあった。その機械はドリルで8~9mくらいの穴を掘り、そこに鉄板を油圧で圧入するのである。一枚の鉄板はほぼ打ち込まれるまで1時間かかるが、飽きずに眺めていた。そのそばには「振動や騒音をできるだけ出さない」の大きな看板がある。眺めながら、現代の技術進歩に驚嘆をした。



頼まれて名前ポエムを作った。

 姪から夫の父母にお礼をしたくてと、名前ポエムを作ってくれと頼まれた。このジャンルは名前ポエム、名前詩あるいはName in poemと言うらしいが、時代遅れの私はこういう名前とか作品を知らなかった。
 姪夫婦はアナログ派でパソコンは時々しか使わないそうなので、こういうフォームは作れないらしい。頼まれた以上はやってみようと、女房に名前を毛筆で書かせた。私はフリー毛筆フォントを新しくインストールした。画像加工ソフトとPowerPointを使って、なんとか4案を作ってLineで送ったら、印鑑付きのこの案が良いと返事が来た。
このような作品は初めて作ったあと、ネットで価格を見てみると、平均で10,000円くらいで山ほどサンプルが出てきた。やあ・・、今はこういうのが流行っているのかと、時代遅れを痛感したが、作成中は面白かった。



飯能市阿須小久保線の跨線橋工事進捗4

 飯能市阿須小久保線の跨線橋工事進捗で四回目の投稿である。今回は動画で投稿する。現在は跨線橋の基礎コンクリートを作るための準備工程である。
 大型重機が入れるように、道路には25トンのクレーンを使って1.6トンの鉄板が敷かれた。
 跨線橋基礎コンクリートの構造は、深さ4m、幅12m、奥行8mのサイズになる。現場でコンクリートが打ち込まれるらしい。



堀こたつのOFFですっきり気分

 ちょっと早いかなと思ったが、今年は暖かいので、自作の堀こたつを夏パターンに変えた。昨年の10月下旬に冬パターンにしたので、ちょうど半年間暖まったことになる。
 衣替えの時にいつも思うのだが、堀こたつのふとんを外すと、すっきりした気分になり、心から夏モードに切り替わる。



飯能市阿須小久保線跨線橋工事進捗3

 飯能市阿須小久保線跨線橋工事進捗の第三回投稿です。10連休が終わった後、大型重機が登場して跨線橋の基礎部分を作り始まる。
 いまは、その事前準備として、大型重機や基礎部分が搬入できるよう周辺道路の拡充、工事部分など環境整備中で、一日中、数台の油圧ショベルカーや振動ローラー(土砂を転圧する重機)が稼働している。西武建設の事務所も稼働し、四人の工事監督が常駐している。
 工事場所は防護壁で囲まれ、中は一部分しか見えないが、自宅の二階から俯瞰できる。一日数回は二階に上がって工事の進捗を眺めているのは楽しみの一つである。 



キジは人を怖がらないのか?


 いつものように早朝散歩で入間川右岸の阿須運動公園を歩いていた。”ケーン”というキジの鳴き声はいつものことだが、今日は川岸のそばで鳴いているキジに近寄ってみたが逃げない。
 おもむろにiphoneを取り出し、写真を撮りだしても逃げない。病気かなと思ったが、羽を震わして “ケーン” とときどき鳴く。おかげで10数枚の写真が撮れた。
 iphoneのポートレートでは、2.5m以内でないとボケを生まないが、ポートレートで撮れたので2.5m以内まで近づけたのである。決して望遠で撮って切り取りしたものではなく、そのままなのである。キジは人間を怖がらないという動画もたくさんあった。



飯能市阿須小久保線跨線橋工事進捗2

 西武池袋線を跨ぐ道路の阿須小久保線跨線橋工事の進捗である。3月29日に一回目の投稿したのであるが、何も進まないで10日たって、防護柵が新しくなった。事務所も二階建てが新設され、いよいよ進むことになった。引き続き進捗を投稿していく。

二回目の防護柵変更
二回建ての事務所