韓国のたたかう新聞 ハンギョレ

伊藤千尋のB5版70頁の短い本だが、韓国の「たたかう新聞」ハンギョレの12年を読んだ。
1980年代、全斗煥大統領の軍事政権時、民主派の記者が大量解雇になった。それらの記者が権力や資本からの独立を掲げて、ハンギョレ新聞の発行からの12年間を綴ったもので、各種のユニークな戦いから成功するまでなので興味深く読んだ。新聞記事は日本語のネットで読める。
日本のメディア記者も読んでるとは思うが、権力と戦う姿勢は放棄されている。



貧しき人々の群れ

50年前、20歳代の頃、宮本百合子の「貧しき人びとの群れ」を読んだ。
当時の読後感や感性は、貧しき人々に単純に援助をしても意味がない。なぜ援助やカンパをするのかを社会と結びつけながら考えることが必要であると解釈をして私の人生訓としてきた。
傘寿を迎える年で読み返してみたが、そういう感性が湧いてこないし感動が湧いてこなかった。若い頃の正義感や感性が無くなってきたのかもしれないと愕然とした。



安野光雅の「旅の絵本」

安野光雅の「旅の絵本」九冊を読んだ。
訪問した英米などが、見開き20頁で頁ごとに、新しい道が続いて情景が展開される。
想像を超えたユニークさで、文章は一つもなく絵だけで展開を楽しむ大人が読む絵本という感じであった。
子供に聞かせる時には、文章がないので即興で知らせる必要があり、その都度違う内容の案内になり、子供の創造性を開発できる絵本だと思った。



宮本武蔵を読んだ

吉川英治の宮本武蔵は確か三回目だと思うが、気分転換に三ヶ月ほどかけて八巻を読んだ。
筋書きの概略や主な登場人物は覚えているが、細部までは記憶になかったので、新鮮に読むことができた。
前回読んだときの感情は忘れたが、今回は八巻目の後半はホロッとするところが多々あり、感情移入が出来てるところは悪いことではないのだが、加齢の影響かなと寂しさも味わった。



柳美里の「JR上野駅公園口」読了できず

柳美里の「JR上野駅公園口」は2020年の全米図書賞を受賞した。全米図書賞は、今年で第71回を迎えるアメリカで最も権威のある文学賞のひとつとあるので図書館に予約した。
ホームレスの生き様を取材した内容であり、二時間ほど読んだが、すぐ眠くなるほど私には興味が沸かず、途中で読むのをやめた。私も窮乏生活はしたが、リアリティさが無く、アメリカ人との生活感覚が違うと思った。
すぐさま、読了中の宮本武蔵に移った。



ぼけますからよろしく

図書館予約で半年以上の待ち時間があった「ぼけますからよろしくおねがいします」信友直子著を読んだ。
数ヶ月前にテレビで映画も見たが、感動がなかったのか内容を覚えていなかった。
認知症になった母親を父親と娘が介護する実話である。
想像では厳しく辛い認知症介護の実態とそのノウハウかなと思っていた。
冒頭でシェイクスピアの名言らしいが、”人生はクローズアップだと悲劇だが、ロングショットで見ると喜劇である”との言葉どおり、辛く暗い現状を明るく描いており沈むことなく楽しく一気に読み切るなかで、認知症とは何かを会得することが出来た。



原田マハの風神雷神上下巻を読んだ

原田マハの風神雷神上下巻を読んだ。天正遣欧使節団の史実の中に、同行者として俵屋宗達を入れ込んだフィクションであるが、実に面白い小説であった。



私本太平記を読んだ

コロナ渦、時間つぶしに木彫りやコンピュータ将棋をやっているが、飽きてきたので長編小説に取り組もうと、吉川英治の「私本太平記」を読んだ。
二年前にやはり吉川英治の「新平家物語」は空いている時間だが三ヶ月ほどかかった。「私本太平記」は毎日読んでいたが一ヶ月かかった。読了中に青梅市の吉川英治記念館のリニューアルオープンもあり行ってきた。
古典太平記の抜粋を吉川英治風にアレンジしたものであろうが、登場人物の生き様が面白かった。



凪良ゆう著「流浪の月」を読んだ

凪良ゆう著「流浪の月」は2020年の4月に本屋大賞に選ばれた。すぐ図書館に予約を入れ、3ヶ月後に読むことが出来た。
これは小さい活字であるが読みやすく、企画も珍しく斬新で、ページが次々とめくられていく傑作であり、最後は満足感と充足感で涙が流れてきた。



原田 マハ著 いちまいの絵

 原田 マハ著 「いちまいの絵」を読んだ。きっかけはFacebookの水彩画を描くKさんの勧めであった。生きているうちに見るべき名画の副題が付いており26枚の絵が紹介されている。
 それぞれの絵には、原田マハの絵画評と画家の出自から没するまでの歩んだ道が数枚の頁で綴られている。
 文中に「私は正統派の美術館も好きなのだが、画家の暮らしていた家やアトリエなどがことさら好きで、好んで出かけていく。画家や彫刻家の息吹を感じられるし、それに刺激されて、アートをテーマにした小説の着想を得ることが多いからだ」とあった。なるほど、原田マハの絵画評は現場を見ているので、リアル感が味わえ、納得できるところが多く、つかの間の知識を得た。手元に置いて何回も読みたい名作だが、図書館だから手元に置いておけない。
 低音量の軽音楽を聴きながら、大きな窓からの太陽を背中に浴びながらホカホカの気分で読むのだが、この本はリアルな絵画評と画家の生きざまが眼に浮かんでくるほどの文章上手で至福の数日であった。
 原田マハは「楽園のキャンバス」を読んでファンになり、題材になった絵画をPCの壁紙にもしている。「風神雷神」上下巻も、図書館に予約してあるので、非常に楽しみである。