15年経過の車検

車はトヨタのラクティスであるが、前車のパジョロから機種変更して15年になるが、車検を迎えた。走行距離は62,000kmだった。タイヤやバッテリー、ワイパーブレードなどの消耗品は交換したが、故障もせず順調に動いている。



第二天覧山

天覧山(標高193m)は飯能市民であれば認知されている。第二天覧山(標高147m)を私は知らなかったが、行ってみた。
中居の宝蔵寺北側にさくらの森があるが、その一角に明治天皇の訪問碑と第二天覧山標柱があった。第二天覧山から飯能市内の眺望もあった。
さくらの森には沢山の桜と一本ずつに桜の名前が書いてあり、河津桜は咲いていた。



49回目の結婚記念日と誕生日

49回目の結婚記念日と79歳の誕生日は、女房と10数年ぶりに日和田山だった。
往路は男坂、復路は女坂経由だが、男坂は高い山の頂上直下にも負けないくらいの岩山だった。
夜食は女房の好きなレアたらこと餃子及びほうれん草の素朴な料理だった。
来年は金婚式ですので、コロナ次第だが外国で祝おうと約束をした。



青梅市安楽寺

青梅市の安楽寺は飯能市から数百m入った場所だが名前から行きたくなる。苔むした鐘楼は風情があり、三㍍もある石灯籠、滑稽な石彫刻に安らぎを感じた。



青梅市愛宕神社の梅と不動明王

吉川英治記念館の西奥に愛宕神社がある。そこの若枝に梅が数輪咲いていた。
愛宕神社はなんの風情もないが、奥の不動明王は絵になっていた。

 

飯能市柏木山は木彫り山

飯能市の柏木山は、飯能南アルプスの中でも飯能市三山の一つで楽しい山である。登山道や山頂には各種の木彫りが待っており、私が木彫り山と名付けた。それらの写真を一同に集めた加工写真である。

 

青梅市の河津さくら

定期の週イチ買い物で青梅市生協店のすぐそばに、若草公園がある。そこに河津さくらが咲き始めたとFaceBook飯能会にあり、買い物ついでに寄ってみた。
さすがに東京で、大きな公園に駐車場も50台以上止まれる。半周くらい歩いてもさくらは目視出来なかったが、プールの前と教えていただいた。
そこには河津さくらの掲示板があり、六本くらいの河津さくらが赤い芽をたくさんつけて、数輪は花になっていた。満開はあと10数日と思われる。



飯能市西武線の跨線橋工事の25回目の投稿

飯能市西武線の跨線橋工事の25回目の投稿です。
ついに足場も払われ、跨線橋部分のみ完成しました。跨線橋部分には歩道・車道との安全柵・道路面は舗装までされています。西武線の上部なので鉄道に詳しい道路会社の築造です。
後は、跨線橋に至るまでの登攀道路が他の道路会社によって南側のみ工事中です。