8ヶ月ぶりに将棋大会

コロナ前は月に3回位は将棋大会に行っていた。8ヶ月も空白があるが、久しぶりにこわごわ青梅市将棋大会に参加した。きっかけは近い青梅市で、新しく広い会場、40名くらいの中堅の参加者なので、勇気を出す気になった。
コロナ対策としては、検温や消毒液の配置も多く、備蓄マスクの自由使用、広い会場で空間を確保するなど安心して指すことが出来た。責任者の挨拶は、一番に感染防止、二番に将棋を楽しむの発言に、私も8ヶ月ぶりなので、勝ち負けより注意と指ならしの気持ちで遊ぶことが出来た。旧知の仲間ともたくさん会うことが出来、久しぶりを連発した。参加者はABCクラス合計で43名だった。私はBクラスで3勝2敗とまずまずであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です