国分寺市将棋大会

 国分寺市文化祭の将棋大会は、Aクラス14名、Bクラス18名、Cクラス15名の合計47名と中堅規模であった。Aクラスのみ時計使用で、各クラスとも4局を戦う。
 いつも思うのだが、食事は付かないが、春は600円、秋は300円と非常に安い参加費で年金生活にとっては助かる。それでも、参加賞のタオルと急須のお茶が飲める。また、賞品も5位まで付いており、入賞しなかった人には再度のタオルが付くサービスであった。
 私は数年前はBクラス、最近は一番弱いCクラスで指している。まだ優勝したことはなくいつも3勝1敗である。今回も最初に強い人とあたり、3勝1敗であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です