エジプト・トルコ5日目

写真はトルコの歴史を塗り替えた軍人の廟でアタチュルク(トルコの父の意味)と呼ばれる。ちょうど衛兵の交代時間で交代行事を見ることができた。
 この隣は世界的に有名なアナトリア文明博物館だが、陳列のヒッタイト王国時代の骸骨しか記憶に残っていない。どうも、私は博物館に興味が薄いらしい。

前日の深夜からエジプト、イスタンブール、アンカラと14時間の移動。なにしろトルコ西部と中部を一周して世界遺産を見るので、合計移動距離は3000kmらしい。
写真はアンカラ駅だが、ヨーロッパに見る駅の造りと一緒なので、トルコはヨーロッパとアジアの接点だと認識できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です