鶴ヶ島市 将棋大会

 鶴ヶ島市将棋大会は、飯能市の知人に誘われて初めて参加した。
ローカルな大会にしては珍しく、Aクラス10名、B1クラス8名、B2クラス8名、Cクラス8名の四クラスに分かれていた。
 組み合わせも個性的で、乱数表を使って組み合わせるのだろうか?最初から最後までの対局相手が、表示されていた。
 対局は5局で、同率勝率者が場合、普通は点数制でばらけるが、ここは点数制ではないので、同率者のじゃんけんで順位が決まる。普通は全員が終わるまで次の対局は組まれないが、ここは次の相手とすぐできるし、順番を抜かしての対局もできるなど面白いシステムであった 。
 私は初めてでありB2クラスで指したが、3勝2敗の成績であった。3勝のうち、2回は相手の反則で勝つなど、煮え切らない気持ちが残った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です