飯能市阿須小久保線跨線橋工事進捗3

 飯能市阿須小久保線跨線橋工事進捗の第三回投稿です。10連休が終わった後、大型重機が登場して跨線橋の基礎部分を作り始まる。
 いまは、その事前準備として、大型重機や基礎部分が搬入できるよう周辺道路の拡充、工事部分など環境整備中で、一日中、数台の油圧ショベルカーや振動ローラー(土砂を転圧する重機)が稼働している。西武建設の事務所も稼働し、四人の工事監督が常駐している。
 工事場所は防護壁で囲まれ、中は一部分しか見えないが、自宅の二階から俯瞰できる。一日数回は二階に上がって工事の進捗を眺めているのは楽しみの一つである。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です