飯能市の南北道路である阿須小久保線の跨線橋(西武線をまたぐ)工事進捗10回

飯能市の南北道路である阿須小久保線の跨線橋(西武線をまたぐ)工事進捗の10回目の投稿である。
 土台の鉄筋コンクリートは、5㎥タンクローリー40台分で合計200㎥が、隙間に気泡やひび割れが起きないように、数本のバイブレーションを使いながら一日で打ち込みが終えた。
 乾燥を10日ほどおいて、外側の鉄さくが倒れないように、赤く見える支えというか土留めを外しすっきりした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です