飯能市の南北道路である阿須小久保線の跨線橋(西武線をまたぐ)工事進捗の11回目の投稿である。

飯能市の南北道路である阿須小久保線の跨線橋(西武線をまたぐ)工事進捗の11回目の投稿である。
 跨線橋の深さ10m以上の基礎土台が固まり、いよいよその上に外から可視できる跨線橋を支える鉄筋コンクリートの打ち込み準備中である。今は鉄筋を縦に並べているが、どうも線路に向かってコの字型のフレームになるように見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です