私本太平記を読んだ

コロナ渦、時間つぶしに木彫りやコンピュータ将棋をやっているが、飽きてきたので長編小説に取り組もうと、吉川英治の「私本太平記」を読んだ。
二年前にやはり吉川英治の「新平家物語」は空いている時間だが三ヶ月ほどかかった。「私本太平記」は毎日読んでいたが一ヶ月かかった。読了中に青梅市の吉川英治記念館のリニューアルオープンもあり行ってきた。
古典太平記の抜粋を吉川英治風にアレンジしたものであろうが、登場人物の生き様が面白かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です