直木賞候補作の「若冲 」

 2015年直木賞候補だった「若冲」を、珍しく毎晩のテレビを観ないで読んだ。
 京都で青物商を営む大店の主人だった実在の画家で、家業を放棄し独自の画風を確立した伊藤若冲の一生を描いたものだ。
その家族や当時の画家及び周辺の人を、主に若冲の悲劇を端緒として、その葛藤を引きずったものであった。
 前半は面白かったが、後半、複雑になるにつれ面白みが失われてきた。最後の顛末が気になり、残りのページ数を勘定しながらなんとか読み切った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です