注文の駒台を製作

 知人が本茅の将棋盤を作った。それに合わせた高さで、素材も将棋盤と同じ本茅の持ち込みだった。 高さが324mmと280mmの二種類だが、私の経験では250mm以上の駒台では4本脚が多い。注文者のご希望は、一本脚でチョット太めだった。
 四角形ではおもしろくないので、六角形で始めたが、それは途中でギブアップした。八角形で作ったのだが、脚の真ん中を絞ってあるので、機械では作れず、のみで削るなどの作業に時間がかかった。だからどこを切っても正八角形にならず角面の幅が微妙にばらばらになってしまった。
 勘弁はしてもらったが、価格は注文者の言いなりとしたが、良い勉強になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です