映画「万引き家族」の感想

 映画「万引き家族」が、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したのを昨年の夏ごろに知り、テレビ放映を楽しみにしていた。WOWOWで放映されたのでさっそく見た。
 感想としては、タイトルから面白そうだったし、展開が楽しみだったが、途中で居眠りしてしまい、翌日、その部分を見直した。出演者全員の演技がうまかったのと、企画の斬新を感じたが、内容で心に残るものはなかった。
 やに、テレビ放映が早すぎるので、日本ではヒットしなかったのかなと思った。心に残った映画はビデオは残して再視聴するのだが、これは削除をし、本作が海外で高い評価を得たのはなぜか?の疑問が沸いた。
 演技のうまさは評価されて当然だと思う。アメリカのテンポではなく、日本のガチャガチャ風でもなく、ヨーロッパの映画に多いゆっくりした展開と、ちょっと暗めが受けたのかなのかと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です