映画 新聞記者

 日本アカデミー賞の最優秀作品賞をとった映画で、新聞記者望月衣塑子原作の「新聞記者」をアマゾンプライムで観た。
 森友事件、記事捏造、加計事件などの背景が思い出され、安部が権力を振るっている最中での放映なので、その度胸に感心した。
 終盤に内閣調査室の幹部が「日本の民主主義は形だけでよいのさ」に政治の反映を感じた。最後のシーンでは、正義に対してどう生きるの?を主人公の顔の表情から判断を観客に委ねたのも良かった。

 日本アカデミー賞の最優秀作品賞をとった映画で、新聞記者望月衣塑子原作の「新聞記者」をアマゾンプライムで観た。
 森友事件、記事捏造、加計事件などの背景が思い出され、安部が権力を振るっている最中での放映なので、その度胸に感心した。
 終盤に内閣調査室の幹部が「日本の民主主義は形だけでよいのさ」に政治の反映を感じた。最後のシーンでは、正義に対してどう生きるの?を主人公の顔の表情から判断を観客に委ねたのも良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。