映画 ベル&セバスチャン

フランス映画で「ベル&セバスチャン」をテレビで観て久しぶりに感動した。第二次世界大戦中のフランスが舞台で、雪で囲まれた自然をかしこい犬、利発な少年、ユダヤ人を隣のスイスまで助ける勇敢な男女、頑固なおじいちゃんが人間愛に目覚める、善人のドイツ兵などがそれぞれ生き様を演じる。
 主人公の少年は愛くるしくて利発な演技に釘付けになった。米国映画と違って殺戮もなく、人間とその生き様を描いており、さすがヨーロッパ映画と思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です