日本将棋連盟 奥武蔵支部将棋大会

第7回 日本将棋連盟 奥武蔵支部の将棋大会に参加した。
宣伝をしないこともあって、22名の小規模な大会だが、女性や子供及び身体障害者も交えて和気あいあいの時を過ごした。
毎回だが、日本将棋連盟の女流棋士初段の安食総子が4面指し指導将棋も盛況であった。
将棋は実力に合わせた駒落ち戦で、対局時計15分と読み30秒を使い、対局組み合わせは抽選で5局を戦う。
私は3勝2敗だったが、負けた2回とも読みが不足をして、大きなミスをおかして負けた。夜はその場面が浮かんできて、悔しくて1時間ほど悶々としていた。 youtubeに動画をアップした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です