居眠り磐音 陽炎の辻を読んだ

 著者 佐伯泰英の「居眠り磐音」が映画化されると聞いて、原作を読んでみようと図書館で借りた。
 時代が周回遅れの私は、初めて読んでみたのだが、実に緊張感があり、かつテンポが速く、一気に読めるほど面白かった。
 私は著作権切れの青空文庫や、amazonの無料購入及び図書館書籍を中心に読むので、必然的に古い本が多い。それはそれで楽しいのだが、居眠り磐音など比較的新しい時代物は、昔の歴史小説と違って新鮮なものを感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です