居眠り磐音 江戸双紙 20巻目を読み終えた。

 居眠り磐音 江戸双紙 20巻目を読み終えた。ここまでくると、磐音とその周辺人物の喜怒哀楽が私の心に同期させ、もともと涙もろい性格に拍車をかけ、一体となって感涙にむせぶようになってきた。女房に笑われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です