将棋駒作成

 長禄書という珍しい書体の駒を彫った。自分では個性が有り気に入ったのだが、使用中に、数人から「金」が見づらいと言われた。確かに自分でも認識しにくいので、あとで金のみ彫りの修正をして見やすくした。
 駒生地は御蔵島の柘植を使い、磨もていねいに行い、お好みの駒になった。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です