安野光雅の「旅の絵本」

安野光雅の「旅の絵本」九冊を読んだ。
訪問した英米などが、見開き20頁で頁ごとに、新しい道が続いて情景が展開される。
想像を超えたユニークさで、文章は一つもなく絵だけで展開を楽しむ大人が読む絵本という感じであった。
子供に聞かせる時には、文章がないので即興で知らせる必要があり、その都度違う内容の案内になり、子供の創造性を開発できる絵本だと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です