季節の風物詩

季節柄、女房が梅干しの準備を始めた。
なにか郷愁を誘う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です