団体戦将棋大会

飯能市将棋連盟主催、飯能市教育委員会と文化協会後援で、飯能市団体戦将棋大会を開いた。
参加対象者は飯能市在住・在勤・在学で将棋の愛好会(クラブ)の中で、5人の選手を出せるチームで組織した。
当日は飯能市長の挨拶の後、10才から97歳までの110名が、4階級で5人ずつ22組に分かれて、対局時計を使いそれぞれ5局の対局を戦った。
それぞれのクラスで優勝と準優勝チームには賞品が、12名の5連勝12名おり、優勝と準優勝チーム以外の全勝者5名に賞品を差し上げた。
97歳の方は2勝1敗でしたが、特別に置駒の記念品を贈った。
私は組織の副会長兼事務局長をしているので、ポーランド旅行を挟んでの2か月間、変更多発の選手を確保するのに力を入れてきた。無事に何事もなく終わりホッとしている。
当日、選手が不足し私もAクラスで参加したが、不戦勝含めて2勝3敗と情けない結果だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です