原田マハの風神雷神上下巻を読んだ

原田マハの風神雷神上下巻を読んだ。天正遣欧使節団の史実の中に、同行者として俵屋宗達を入れ込んだフィクションであるが、実に面白い小説であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です