写真の題材に悩む

 最近わたしは、カメラを一眼レフからスマホでGalaxy Note10+のトリプルカメラに移行しているが、撮影の題材を何にするか悩んでいる。
 趣味や旅行の記録などを撮影する方は別として、一般的に多いのはあちこちに題材が転がっている景色、花、樹木などであろう。それらは私の場合、卓越した構図設定や機械的技術などの技量がないので、個性的にならず、平々凡々なただの写真に不満足や欲求不満を感じている。
 そんなおり、街中で落としたりなくしたりの片手袋を題材に何千枚の写真を撮り、傾向分析や分類化してテレビで話題になった人を知った。これなどは誰でもが経験した人生の一現象を捉え、継続性を持たせた社会性のある題材であろう。
 私も静物ではなく、なにか社会性や人物を題材にと思っているが、これは静物と違って非常にむずかしいのである。
 毎朝の散歩時間に題材を探しているが、これといった社会性と継続性が保たれる題材はいまだに見つかっていない。写真はロダン

ロダン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です