元号は実用性や優位性を欠く!

皮肉です。

 元号積極的使用者やネトウヨからはパンチを食らうかもしれない話題である。皇位継承を迎えて10連休対策の話題が多くなっている。有名人でも”平成最後の・・・”のフレーズも多く聞く。
 私は元号使用は実用性や優位性及び合理性はないと思っている。過去をさぐる時、西暦だと何年前とすぐわかる。紀元前の場合もADやBCを使うことでよくわかる。元号の紀号である「大宝」はいつですか?元号使用だと何年前かは直感的にはわからないが、西暦だと701年と分かりやすい。欧米を含む多くの国は西暦だし世界の共通語であり共有しやすい。
 私は元号を西暦に切り替えて過去を見ます。それには明治は67、大正は11、昭和は25、平成は88、新元号は18と換算を覚えている。
 運転免許証も西暦(元号)に替わる時代であり、天皇代替わりと元号表記は、統一ではなく別な問題として考えればよいと思う。みなさんはどう思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です