健康管理は尿・血液検査から

 健康管理の第三弾です。昨日、二ヶ月に一回の尿・血液検査に行ってきた。この検査では54項目の検査データーが文書でもらえる。肝臓、腎臓、血糖値、動脈硬化、体内水分、貧血分析、血液状態などが分かる。年に一回は腫瘍マーカーの検査も行い、4種類のがん分析データーもいただける。
 これらのデーターは検査項目は横文字、検査データーは数字の羅列なので何の検査か分からない。検査項目は医学事典で調べてフィルドに日本語を加え、すべてをエクセルで入力をしている。もう10年以上の入力をしているが、表示は過去一年分をスマートフォンやタブレットで見られるように PDFに変換している。
 入力は標準数値より上限を赤字で、下限は靑字で自動的に表示するようにしている。 これはいつも見ているわけではないが、 入力をすることによって、 その変化がすぐ分かるので、赤字や靑字の時は、調べて改善出来るようにしている。健康データーを持っていることで、安心感と健康自己満足をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です