不出来な駒が完成

 6日から始めた駒彫りが本日完成した。
字母紙よりも大きく彫ってみたが、案の定、太さにばらつきが出てしまった。修正しようと思ったが、これも俺の不出来な歴史だとそのまま使うことにした。
それにしても、字の湾曲や太さの統一などで、まだまだの不出来である。
 それでも、幅広く彫ることで、いろいろなことを学んだ。最後の磨きは飽きてしまうので、PCでamazonの無料映画を見ながら、磨きを入れた。
テレビでは目の動きが大きくなるが、目の前のPCでは無駄なく両立が出来た。
 対局で使ってみたが、なにか品格に欠けるような感じがして、それが気になり、将棋は何回も負けてしまった。
好みはいろいろで、使いやすいから譲ってほしいと所望されたので、袋付きで譲った。また、新しいのに挑戦しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です