ローカル朗読会

地元の飯能市で、朗読会に参加した。観客は十数名だが、女房と私はなぜか吸い込まれる。今回はタップやパントマイムも加わり、多様なローカル文化を味わった。
 私は創造性はあるのだが、想像性が不足しているので、パントマイムはある程度しか情景が生まれない。もしかしたら、パントマイムは若い人の文化かもしれないと、自分を卑下している。写真は演技者たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です