ロッキングチェアの脇机を作成

 久しぶりに木製品作りに精を出した。夏はテレビや休憩に安楽椅子を使う。そこにはTVリモコン、ipad、iphone、飲み物を置くので、椅子を脇机代わりに使っていた。
ちょっと気分も良くないので、和机と同じ高さで、脇机を必要としていた。
 梅雨の合間でやることもないので、二日間かけて、ケヤキ板の在庫を使い、脚や天板を工夫したものだ。作品は周りとの調和も保て、機能も気に入っている。TVを見る時も満足であった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です