ロシア旅行 2011/03/31-04/05

ロシア3日目 サンクトペテルブルグの郊外にあるエカテリーナ宮殿の外観は、エルミタージュ美術館と同じく、ブルーと白及び金色デザインであった。建物の横幅が325mもあり、雪の中で良いコントラストであった。

エルミタージュ美術館

 建物内の各種応接間は、金色で豪華さがまばゆいばかりであった。ロシアは金色がお好みなのであろうが、他にもグリーンや赤の間もありカラーコーディネートが光った。写真撮影が禁止の琥珀の間は、金色の装飾と琥珀色が混ざって豪華さの極めであった。出口近くでシャッターを切ったら、見ていた他の人も次から次へと撮影をしていた。
 午後はモスクワに移動で、途中寄った土産物屋のメインはどこもマトリシュカ人形が多く、他は種類がなく単純であった。外国旅行では必ず購入をし、スプーンディスプレイに追加するスプーンを各種買った。
 安い旅行なので期待はしていないが食べ物は、じゃがいもとパンがメインで、上手くもないがまずくもないといった特徴を持たずあっさりしていた。レストランのバイキング朝食では、果物の種類が少ないのが残念であった。
 モスクワのirishotelもwi-fiが使えたが、2ヶ月前に行ったフランスはどこもwi-fiが思うにまかせなかった。ハンバーグ店や珈琲店でもwi-fiがフリーで使えロシアのほうが進んでいた。

エルミタージュ美術館の琥珀の間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です