メディア支配その歴史と構造を読んだ

松田浩著「メディア支配その歴史と構造」を読んだ。今は佐伯泰英の長編娯楽小説「密命シリーズ」を読書中に、気分転換に難い本は、政権によるメディア支配の歴史と構造とかたいのでなかなか進まない。
権力を監視する番犬の役目をするメディアが権力から許諾を盾に監視され権力のパートナー犬になっている実態が如実に描かれていた。主要国の中で政府が放送行政の全権を握っているのは日本とロシアだけだそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です