ムーミン童話の世界をテーマにする児童公園

 正式名称はトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園だが、内容はムーミン童話の世界をテーマにする児童公園で、私は勝手にムーミン谷と呼んでいる。そこが数日前からライトアップされるようになった。
 私が行ったのは夕方六時ごろだが、続々と子ども連れやカメラを持った人が訪れていた。なんといっても大きな駐車場や入場料が無料というのが私には受ける。二週間前に開園したムーミンバレーパークの高い費用から見ると雲泥の差です。規模は小さいながら、子どもたちを楽しませるならこちらのほうが気持ちが落ち着く。
 派手なライトアップではなく、これで照明はお終いと聞くと、すまなそうにこれだけですと係員に言われた。素朴な照明が受けるかもしれない。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です