デバイスの壁紙は個性的な絵画

デバイスの壁紙は、ほとんど好きな絵画でスライドさせている。でも、好みは変わるもので、最近は印象派マネに惹かれている。半年前までは田中一村、その半年前はアンリールソー、その前はドラクロワと移り気な状態である。どちらにしても個性的な変わった画家に傾注している。

印象派マネの「スイレンと日本の橋」、まるで写実派だが?
田中一村の「花と蝶シリーズ」、細かい描写が好み
ルソーの「戦争」、この幼稚さが魅力
ドラクロワの「ダンテの小舟」、長い時間かけて「神曲」を読んだ影響かも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です