ダン・ブラウンのインフェルノ下巻

 行ったことのある名所旧跡で上巻は舞台がフレンチェだが、下巻はベネチアとイスタンブルに移動する。
 題名のインフェルノは地獄の意で、読んだことのあるダンテの神曲地獄編が活用されている。ところが、タイトルのインフェルノは地獄の意味もあるのだが、読み進めていくと、この物語のテーマであるウイルスの名前であった。やや重い物語だが、後半から展開が大きく変わり、夢中で読めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です