カエルの楽園

「海賊と言われた男」百田尚樹は本屋大賞を受賞し面白く読んだことがある。
その百田尚樹が「カエルの楽園」を半年前に出た。政治的に左右両派からの評論が飛び交っていたので、図書館に予約し半年かかったがさっそく読んでみた。
 鳥獣戯画なので中学生でも簡単に読めるような内容である。カエルの名前や場所はすべて実在し、擬人化されている。政治に関心があれば容易に推測できる。
 憲法改正や集団的自衛権行使を是とする立場を勧める内容である。さすが、右翼の百田尚樹である。
文化放送のおはよう寺ちゃんで、月曜日のコメンテーターを務める右翼の上念司もしきりに薦めていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です