エジプト・トルコ11日目

 今回の旅行メインの一つであるブルーモスクで、6本の尖塔が目立つ。内部はブルーの感覚は強くなかったが、フィレンツェやサンマルコのキリスト教大聖堂と肩を並べるのではないかと思うほどの大きさだが、ステンドグラスの豪華さではイタリアに軍配があがる。でも、イスラムの豪華さと建築技術に感嘆した。

下はイスタンブール全体を見晴らす高台に500年前に建てられたトプカプ宮殿。展示場にあった大きなスプーンダイヤモンドは見たが、ハレムはあきらめた。下左は質素な入り口外観、中は庭園内部、右はトプカプ宮殿から見たモスク群と住宅で、反対側には眼下に金閣湾が見えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です