インテリア置き台を製作

杉材で試作し、自分で使っているインテリア置き台を訪ねてきた知人が見て、作ってほしいと要請があった。要請内容は、素材はケヤキを使い、サイズは大中小の3点を試作の黄金サイズ比率を採用であった。
 。この作品は余分なところをカットするのに柔らかい杉材は加工が簡単だが、要請はケヤキなので加工に時間がかった。
 私は杉材の年輪が好きだったのだが、ケヤキは杉材と比較して重厚感や存在感があり、年輪は今一歩だがケヤキの良さは実感できる。写真の左はやはり自作の置き駒とかぶとを置いたイメージ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です