この雨台風で我が家も被害

 13日に関東地方に上陸した台風19号は、各地に甚大な被害をもたらし、入間川を含む河川の氾濫が相次ぎ、100名近くがなくなるほどであった。我が家は川から離れた高台なので、水害に合うことはないと信じていたが、この雨台風で我が家も被害にあった。
 二年半前に地域の雨水を吸い込む500立方メートルくらいの貯水場が我が家の隣に設置され、吸い込みなので心配はしていた。
 この台風で庭が川になっているので、不思議に思い流れのもとを探したら、雨台風の影響で、貯水場がキャパオーバーで、マンホールから雨水が溢れ出し、床下にまで浸水していた。
 比較的早く発見したので、飯能市の区画整理事務所に連絡し、土嚢を積んだり、溝を掘って水の流れを変えたりの応急処理をしていただき、被害の拡大は抑えられた。

16日に市と交渉をし、次の回答をいただいた。
“対策につきましては、水野様のお宅の前に歩行者専用道路を整備し両側に側溝を設置、神社側の方へ流下させる計画となっております。
整備は令和3年度、もしくは令和4年度に下水道の本管の設置と併せて実施する予定です。それまでの期間は、暫定処置として仮側溝(素掘り、もしくは簡易側溝)で対応しようかと考えております。”
 とりあへずこれで、今後は大丈夫との解決になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です