【抵抗の新聞人 桐生悠々】

井出孫六著の【抵抗の新聞人 桐生悠々】を読んだ。正義と真実を貫いた新聞記者魂を描いた実話であり感動をした。正義と真実を報道するために、取材対象者とは懇親しなかった。
マスメディアに関係する人たちのバイブルになるほどの読み物だが、果たして記者連中は読んだことがあるのだろうか?権力に追随と忖度が多い報道人には恥ずかしくて読めないだろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。