「盤上の向日葵」を読んだ

本屋大賞第二位でノミネートされ、テレビドラマにもなったた600ページを超す長編の「盤上の向日葵」を読んだ。将棋対局、名駒、殺人事件が展開される。主な登場人物は、プロ棋士、アマチャー棋士、真剣師と刑事二人および酒飲みのバクチ打ちである。非常に読みごたえのある小説であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です