「むらさきのスカートの女」

2019年の芥川賞を受賞した「むらさきのスカートの女」を読んだ。二人の変わり者女と浮気男の奇想天外な物語を三時間あまりで一気に読んだ。
 しかし、私的には心に残る内容ではなく、芥川賞の選考基準である新人と短・中編程度の長さは妥当だが、もう一つの純文学作品には当てはまるのかと疑問を持った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です