青梅市 将棋連盟 将棋大会

 青梅市 将棋連盟の将棋大会は、Aクラス10名、Bクラス27名、Cクラス22名、小学生クラス7名の合計66名が参加した。主催者は”当日の即位の礼で参加を心配だよ”と、私に言うので、私は”将棋の人はこちらに来るでしょう”と言ったが、過去の参加者並みの集まりだった。
 各クラスとも5局を点数制で戦う。私は、最近どこの大会でも惨めな敗退ををしているので、Cクラスで参加した。久しぶりに二位三位決定戦を含めて5勝1敗で準優勝だった。プロの増田六段の母親も参加していて、係の人が”水野さんは終わっているのだが、増田さんの母親が四連勝でストップしているので対局をして”と言うので、相手の連勝を阻止してあげた。それでも、相手は優勝となって、当人も”水野さんに負けたのにね”と感想を言っていた。

ちょっとまだらながら、対局風景
珍しくメダル付きだった。副賞は洗剤が二個


新宿 花園神社 酉の市

新宿のau直営店に、購入候補のGalaxy Foldを触りに行った。ついでに新宿花園神社の酉の市に行ってみた。
酉の市は私が中学生のころ、おやじに連れられて行って以来、実に60年ぶりの景色である。混雑と熱気はアメ横を思い出す。熊手を購入した数人に価格を聞いてみたが、縁起物とはいえびっくりした。

花園神社境内の広場を飾る提灯デスプレイ
数本もある狭い通路に、商売繁盛の熊手が林立
購入者の飲み屋店主は20000円と言っていた。
店の言い値は500000円。言い値で買わないだろう
50000円で購入した粋な人、三々九度の唱和で縁起祈願。あちこち聞こえる拍子木と三々九度唱和


根付を作成

将棋駒作成の腕劣化防止とお世話になっている方にプレゼントするために根付を作った。御蔵島黄楊に彫埋め(彫ったあと、ウルシを駒木地の水平面と同じ高さに埋める)にして、一つではもったいないと自分の分も加えた。



飯能市 第49回 飯能まつり

飯能駅前に11台が集合された屋台総研

第49回 飯能まつりは、屋根に人形が付いた山車、人形が付かない屋台の合計11台(11自治会)が、二日間にわたって街を練り廻し、また全体が集合する総見もある。街のあちこちでは、出初式やアトラクション及び演舞などで遊ばせていただける。

粋なお姐さん方と子どもたち

Facebook飯能では、食傷気味なほどたくさんの人が素晴らしい写真と文章で投稿をしている。
私はそういう中で、基本はモノクロで、目立たせたいところはカラーで表現し写真を遊んでみた。



飯能市 名宝展

 飯能市 名宝展は、博物館開館30年、記念物保護制度100周年を記念して、通常非公開の飯能が誇る文化財、それも埼玉県指定文化財を中心とした名宝展でした。
 飯能市民として、見ておきたいという衝動にかられ、女房と見に行きました。私の文化史観では、特別感動は覚えず、なるほどの感じでした。
 ただ、小瀬戸の太鼓や、下名栗の獅子頭は見たことがあるので、これが名宝に入るのかと理解しました。



久しぶりに将棋駒の注文

 飯能市の将棋仲間から久しぶりに将棋駒の注文があった。
ところが注文は難しくて、毎日曜日の「NHK杯テレビ将棋トーナメント」で使っている1文字の将棋駒と似たものを作ってほしいというものだった。今まで1文字は彫ったことがなく珍しい注文であった。
 字母紙(将棋駒を彫るときに必要な書体表)もなく、それから作成をしていくのは初めてだった。素材は御蔵島産黄楊の柾目で、彫埋(彫った後、ウルシを塗り重ねて、駒の水平面まで塗る)と条件も手間のかかるものだった。失敗を重ねながら、ほぼ1か月かかって仕上げた。
 注文者は出来上がった駒で、強豪と2回の将棋対局を勝ち、「水野さん作成の駒は、験(げん)が良い」と言われたときはうれしかった。でも、自分では完璧と言えず、未熟で修行不足を嘆いた。



19号台風の爪痕2

19号台風の爪痕続編
飯能市入間川の阿須岩沢流れ橋は、橋板が全部はずれた。はずれても流れないように橋桁から金属の鎖で結ばれている。
ところが、写真手前から2つ目の橋桁には、橋板が流されて無い。
下流1000mの西武線橋桁に引っかかっていたのにはびっくりした。



第49回 東大和市将棋大会

第49回 東大和市 将棋大会は、Aクラス13名、Bクラス14名の参加だった。
 この大会は、昼食と飲み物がついて600円と超安いのが魅力である。5局を25分の切れ負け時計で戦う。
 私は2回目の参加で、昨年はBクラスで3勝1敗だったので、それ以上の成績を目標にしたが、からくも2勝3敗と惨めだった。
 早々に切り上げ、近くの熱帯魚店で、熱帯魚を買って帰った。



この雨台風で我が家も被害

 13日に関東地方に上陸した台風19号は、各地に甚大な被害をもたらし、入間川を含む河川の氾濫が相次ぎ、100名近くがなくなるほどであった。我が家は川から離れた高台なので、水害に合うことはないと信じていたが、この雨台風で我が家も被害にあった。
 二年半前に地域の雨水を吸い込む500立方メートルくらいの貯水場が我が家の隣に設置され、吸い込みなので心配はしていた。
 この台風で庭が川になっているので、不思議に思い流れのもとを探したら、雨台風の影響で、貯水場がキャパオーバーで、マンホールから雨水が溢れ出し、床下にまで浸水していた。
 比較的早く発見したので、飯能市の区画整理事務所に連絡し、土嚢を積んだり、溝を掘って水の流れを変えたりの応急処理をしていただき、被害の拡大は抑えられた。

16日に市と交渉をし、次の回答をいただいた。
“対策につきましては、水野様のお宅の前に歩行者専用道路を整備し両側に側溝を設置、神社側の方へ流下させる計画となっております。
整備は令和3年度、もしくは令和4年度に下水道の本管の設置と併せて実施する予定です。それまでの期間は、暫定処置として仮側溝(素掘り、もしくは簡易側溝)で対応しようかと考えております。”
 とりあへずこれで、今後は大丈夫との解決になった。



HUAWEIタブレットでAndroidの練習

長年使ってきたiosだが、そろそろ飽きてきた。次回のスマホしばり契約解除の来年2月には、Androidに変更しようと思っている。
 Androidの練習に一時使っていたHUAWEI mediapad M5を売ってしまった。 スマホをiosからAndroidに変更する前に、Androidに慣れておきたいので、 新たにHUAWEI mediapad M3を購入した。
 来年2月までこれで学習をするつもりだ。手に入れたいスマホは大型が好みなので、Sumsungの折り畳みが第一候補で、来年までに機種を比較選定する。
 でも、iosを手放すと、長年親しんできたAppleWatchやたくさんの有料辞書が無駄になるので、度胸が必要だった。
 ついでに、今年の春に、使ってみたかったSarface goを購入したのだが、重い、大きいなどで携帯の利便性や使い勝手も今一歩なので、関連機器含めて断捨離した。