鹿野大佛を観にいった。

 あきる野市の将棋大会に行ったとき、帰りに日の出町の鹿野大佛を観にいった。帰りに飯能市の自宅までの時間を測ったら40分であった。
 特別事前公開は2018年4月、全貌公開は2019年4月だったので行ったのだが、鎌倉大仏より大きく、奈良大仏に匹敵するほどの堂々たる大仏であった。大仏の内部が見学できるようになっている。
 参観料は300円であった。表参道は上りながら大仏を見られるが、100段の階段がある。西参道は駐車場から360mなので、徒歩で10分くらいだろう。大仏からは日の出町が眺められた。

 建立寺院の寶(宝)光寺は大佛の登り口にあり、庭や伽藍は立派さを感じた。禅岳昭道和尚が、江戸時代の図面を基に七堂伽藍の復興を成し遂げ、人々の安寧を願い、西多摩に仏教の教えを広めようとうと考え、釈迦如来の大佛の建立を誓願しました。
その遺志を現在の住職が引き継き、2013年に大佛建立事業の建設委員会を発足させ、ご開山者がみつけた鹿が傷を治したと言われる湯元の山の上に佛様をお迎えすること、湯元の山を「鹿野山」、佛様を諸々のご縁から「鹿野大佛」と命名したらしい。



第40回 西東京支部 将棋大会

 第40回 日本将棋連盟 西東京支部 将棋大会があきる野市秋川ふれあいセンターで開かれた。名人戦クラス18名、Aクラス20名、Bクラス16名、子どもクラス20名とほぼ中堅どころの将棋大会であった。数年間のブランクがあったので、前の100名以上にはあと数年の実績が必要であろう。
 会費は2000円と他大会より高いわりに、昼食は200円程度で、飲みものや飴などもないので、運営費が高いのだろう。いつもの通りだが、森内九段が指導将棋で8面指しをやっていた。
 対局は各クラス4局の点数制(8,9,10,7)で、対局数も4局と他大会の5局よりも少ない。私は最低クラスのBクラスにしたが、●●〇〇だった。同じ二勝二敗でも〇〇●●と大きく違う弱い私である。



居眠り磐音 陽炎の辻を読んだ

 著者 佐伯泰英の「居眠り磐音」が映画化されると聞いて、原作を読んでみようと図書館で借りた。
 時代が周回遅れの私は、初めて読んでみたのだが、実に緊張感があり、かつテンポが速く、一気に読めるほど面白かった。
 私は著作権切れの青空文庫や、amazonの無料購入及び図書館書籍を中心に読むので、必然的に古い本が多い。それはそれで楽しいのだが、居眠り磐音など比較的新しい時代物は、昔の歴史小説と違って新鮮なものを感じた。



第6回 飯能市シニア将棋大会

 第6回 飯能市将棋連盟主催の60歳以上を対象とした将棋大会に参加した。対象が飯能市内在住・在勤・在学なので、みんな知っている人ばかりだ。Aクラス16名、Bクラス14名のミニ大会である。参加費は500円、昼からなので昼食は自前、飴と飲み物で和気あいあいである。
 対局は25分切れ負けの対局時計を使って4局を点数制で戦う。初回のみくじ引きで対局相手を決め、あとはどの大会でも同じように成績順に組み合わされる。
 私は毎回参加しており、一昨年はAクラスで全勝優勝だったが、今回はAクラスで2勝2敗であった。入賞は出来なかったが、抽選の敢闘賞でせんべいセットをいただいた。



高麗神社フェスタ

 こまフェスの名前で、日高市高麗神社のフェスタに行ってみた。神楽舞台では生演奏があり、音楽や雅楽を披露していた。
 夕方六時からは参道から神社本堂まで灯りが燈され、民族衣装の人もまばらに居り、正月風景に似ていた。



飯能市のものづくりフェアー

 飯能市中央公園でものづくりフェアーがあり、なにか参考に成るものはないかとに行ってきた。舞台では二胡の生演奏をしばし観賞した。
 周りでは100店舗以上の出店があり、20%以上が木工品だったので、手作りのヒントを求めながらのジャストルッキングは楽しかった。その中でふたつのものが参考に成った。



とってんちっとを味わった

 青梅市の立正佼成会青梅練成所の庭がきれいだとの情報で、信者でもないが行ってみた。駐車場や散策は無料で、だだっ広い森にはいくつもの遊歩道があり、人ひとり出会わず、鳥の声だけが聞こえる静寂の中を一時間ほど歩いてとってんちっとを味わった。

 佼成会のそばに、青梅市花木園があり、駐車場と入園も無料なのでそこへも寄ってみた。あまり感動はしなかったが、つつじの仲間で「カルミア」という植物を始めてみた。そのほかに「コデマリ」がたくさん植わっていた。子どもにとっては200mのローラー滑り台が人気らしい。



早朝散歩でのキジの歩行動画

 数日前にもキジのアップ写真を投稿した。早朝散歩で同じところを歩いていたら同じキジだと思うが、人間を恐れないキジを発見した。今回は動画で写してみた。最後はやぶに姿を隠した。
 そこで思い出した。昔、山が好きでアルプスを巡っていた。山では自然のトイレに行くことを「キジうち」と言う。おそらくやぶに座っていることを言うのだろう。



日本将棋連盟 奥武蔵支部 月例会

 毎月第二日曜日は日本将棋連盟 奥武蔵支部の月例会である。支部会員は30名くらいだが、今日は16名が集まった。つい先々月までは数名しか集まらず、解散も話題になったが先月今月とまあまあの参加である。
 月例会は他にはあまりない駒落ち戦で、4~5局のミニ大会である。棋力に合わせた駒落ち戦なので、だれでも上位入賞の可能性がある。
 駒落ち戦は開設当初からの方針で、私は良いと思うのだが、それが嫌だという人もいる。私は一局だけ角を落とされても勝てなかったので4勝1敗の3位だった。



皮革ポシェットを作った

 数年間使っていた手作り皮革ポシェットが飽きてきた。そこで、夏だから、iphoneと財布及びテイッシュが入ればよいので、今までのより小ぶりで、まち幅を10mm増やした皮革ポシェットを新しく作った。
 これで手作り皮革カバンはポシェット含めて3種類あるので、TPOで使い分ける。カメラカバンは購入したのだが、機会があれば作りたい。